新宿で出会いがあり初夏に販売された

2019.08.31 Saturday 11:42
0

    それはプロセスの中で書かれましたが、実験のように感じました。

    戦争も好きな声カタツムリ
    (歌aki京子)
    カタツムリがあなたにそれを告げるなら、私はそれが凍ると思う。
    擬人化して話すべきだという意味ではありません。

    ゴマと草の匂いを摘みました
    (長谷川Re)新宿で出会い
    肩の力がゆるい。いい香りとしては書いていませんが、いい匂いだと思う「かな」の使い方。 「かな」を使うべきだという意味ではありません。新宿で出会い

    「苺」は初夏のシーズンです。赤くて柔らかいサンゴはもともと初夏のものだからです。今では一年中ハウス栽培で販売されていますが、5月から6月にかけてはオープングラウンドが赤く染まります。
    「カタツムリ」は、3つの夏の季節の言葉です。

    今書いていますか?新宿で出会い

    2つの煮る香りが香りでいっぱいの場合

    カタツムリの森で鼓動のある朝
    「小麦の秋」

     

    新宿出会い
    小麦の秋の大豆のスピカを再生しないでください
    *中島みゆき「小麦ボウル」新宿で出会い

    季節の言葉は小麦の秋(麦野あき)
    子言語は、ムギアキ、ムギアキ、およびバクシュです。

    小麦の穂が成熟する5月から6月にかけて、太陽の下で輝く黄金の耳が美しく、麦畑を横切る風の乾いた音が耳に心地よいです。

    大麦の落下とキリストの汚れた優しい絵
    (串原紀子)新宿で出会い
    wheat教の丘への小麦の落下
    (影山裕吉)
    麦秋と自転車を見た宣教師
    (永井智美)
    聖鐘と大麦の秋
    (村田美代子)新宿で出会い
    大麦への象と江戸への江戸
    (高山レオナ)

    category:- | by:sinjuku33comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM