痛みを伴う小樽の出会い

2019.03.30 Saturday 14:52
0

    金子みすずという詩人がいました。
    小樽の出会いは様々で、26歳で亡くなりました。
    若すぎる…
    それは痛みを伴うが悲しかったにもかかわらず私はすべてを敵として見ることができた
    こんな素晴らしい歌詞を残しました。
    私が苦しんでいるとき私は苦しんでいるとき私は苦労している
    小樽の出会いの歌詞はあなたを救います。

    金子みすず

    「私、小鳥、そして鐘」

    小樽出会い

    両手を開いても、
    私は空を飛ぶことはできませんが、
    私が飛ぶことができる小鳥
    小樽の出会いは地上では速く走れない。

    体を振っても
    美しい音はありませんが
    その鳴っているベルは私のようです、
    私はたくさんの曲を知りません。

    ベル、小鳥、そして私
    みんな違う、みんないいね。
    先日、私の右乳首の毛太郎が巣のどこかに立っていました。

    さようなら、コータロ。

     

    ちなみに、小太郎という名前はプロ野球選手の清宮さんに由来しています。

     

    category:小樽 | by:sinjuku33comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM